XMの口座解約・退会する方法を解説

XMの詳細

XMの口座解約・会員の退会に関する情報は少ないです。
理由は、XM口座を放置していれば、休眠⇒凍結となりXM口座は使えなくなります。
自然と無くなると思ってもいいです。

しかし、XM口座にいくらか資金が残っている場合、
90日間動きがないと、毎月5$の口座維持費の手数料が掛かります。
普段からトレードをしていれば不要です。

また、XMデモ口座、リアル口座では解約方法が違うので
どうしても解約したい場合はこちらの記事を参考にしてください。

不要になるニュースレターやXMからのメールが届かないように手続きする方法も
まとめておきますので参考にどうぞ!

XM口座は解約したほうがいい?

XM年齢制限

結論から言うと、不要なら解約しましょう!

管理人も、EAテストなどでデモ口座を複数作り、リアル口座も複数作っています。
現在では不要な口座は解約しています。

理由としては、使わない口座が休眠、凍結になるのが嫌だったからです。
90日間の未取引だと該当の口座残高から毎月5$の口座維持手数料が差し引かれます。
残高がない場合は何もされません。(請求もされないです)

口座が凍結となってもXMからのニュースレターなどはいつまでも届きます。
なので、XM口座を解約してニュースレターの配信を止めてもらったほうがいいです。

XMリアル口座の個別削除手順

XMのデモ口座とリアル口座の解約方法が異なりますので注意してください。
では、リアル口座が複数ある場合の口座別の削除方法を見て行きましょう。
不要な口座を整理する際の参考にしてください。

一括で解約したい場合は「XM会員を退会する手順」へ進んでください。

口座ごとに削除する方法

XMのマイページにログインします。

マイアカウントの概要から、解約希望口座の「オプションを選択する」に中にある
口座を解約する」をクリックしましょう。

XM解約

すると確認画面が表示されるので、解約する場合は「取引口座を解約する」をクリックします。

XM解約

XMから解約確認メールが送付されます。
メールを確認して「取引口座を解約する」をクリックすると口座の削除が完了します。

XMへログインする

XM会員を退会する手順

Mの口座を1つしか使用していない方や、複数あってもXMはもう使わない方はこの手順で退会をしてください。
XM会員を退会するとすべての口座が削除されマイページにログインが出来なくなります。

XMサポートへメールを送り退会の手続きを行ってもらいます。
XMへメールする際の注意点として、XMの口座開設時に登録したメールアドレスから送信する必要があります。

メールの内容

メール題名:XM会員の退会手続き

メール内容:今回、私のXM口座解約と会員の退会、ニュースレターの削除をお願い致します。

XMサポートメール:support@xmtrading.com

このメールを送信してから24時間程度で口座の解約と退会手続きがなされます。

XMサポートはこちら

やっぱり退会したくない場合は?

もし、XM会員の退会手続きを取消したい場合は、24時間以内にXMマイページへログインしましょう。
すると、XM会員の退会申請が取消されます。

退会後の注意点は?

・XMの退会を取消する場合は24時間以内にマイページにログインする。
・退会の手続きが完了した以降にXMを使用する場合は、最初から登録する必要があります。
(本人確認書類等を再度提出する必要があります)
・口座開設ボーナスや入金ボーナスはリセットされないので注意してください。

XM会員の退会をキャンセルする

XMデモ口座の削除と解約方法

デモ口座の削除については、XMサポートへ連絡する必要があります。
理由は、デモ口座にはマイページが存在しないからです。

デモ口座は未取引で90日を過ぎると勝手に削除されますが、
ニュースレターの削除はされません。
デモ口座削除と同様にXMサポートへ連絡をしてください。

XMサポートはこちら

XMの口座解約・退会する方法のまとめ

XMリアル口座は個別に削除したり、退会することによって一括で削除することも可能です。
XMを使うことが無くなった時は、XMサポートへ連絡することが一番早いです。(簡単w)

デモ口座に関しては、マイページが存在しないのでXMサポートへ削除依頼することになります。

XM会員を退会しても、改めて口座開設も可能なので心配ありませんが、ボーナス等はリセットされないので注意してください。

XMの再口座開設はこちら

タイトルとURLをコピーしました