DD方式とNDD方式の利点と欠点|XMはどっち?

XM DD形式 XMの詳細

FXブローカーの注文形式には「DD方式」と「NDD方式」の2タイプがあります。

ここではこれらの特徴、利点や欠点それから、XMがどちらに属するかに関して解説します。

XMの口座開設方法はコチラ

XMはNDD方式です

xm ndd

XMはNDD方式のブローカーです。

「ディーラーがいてもいなくても取引が変わるわけではない」と感じるかもしれません。
そして、DD方式のほうがNDD方式に比べてスプレッドが大幅に狭くなります。

ですから、両者の利点と欠点を把握していないと、「DD方式のほうがコストが低い!」とすぐにDD方式のブローカーをチョイスしてしまう恐れがあります。

しかし、まずはNDD方式とDD方式の概要を知るところから始めましょう。
どちらの方式のブローカーを使うかを決めるのはそれからにするべきです。

NDD方式とはなにか

xm ndd

ノンディーリングデスク方式」とも言います。

利用者の注文が、ダイレクトにインターバンクに通ります。
海外FXブローカーの多くが、このNDD方式となっています。

トレーダーから徴収するスプレッド」くらいしかFXブローカー側の収入源がないので、スプレッドは全体的に広めとなっています。

トレーダーを増やしてどんどんスプレッドを得る必要があるので、海外FXのボーナスは充実している傾向にあります。

DD方式とはなにか

ディーリングデスク方式」とも言います。

「利用者の注文→インターバンク」の間にディーラーが入ることになります。
国内FXブローカーの多くが、このDD方式となっています。

ディーラーは利用者の注文に対して

注文を通さずに呑む」か「インターバンクに通す」かを選びます。

「呑んだ注文」はFX業者側の利益になりますから、スプレッドを狭くすることが可能なのですね。

「海外FXブローカーはスプレッドが広い/国内FXブローカーはスプレッドが狭い」という傾向がありますが、実は「海外か国内か」ということ自体ではなく、「DD方式かNDD方式か」ということがこの差を作っています。

NDD方式の利点

XM ndd

XMはNDD方式のブローカーです。

NDD方式にはどのような利点があるのでしょうか。

約定力が優れている

約定力とは「注文価格のまま、注文を成立させる能力」のことです。

DD方式はディーラーが間に入りますが、NDD方式の場合はそれがありませんから、両者の約定力にはかなりの差が出ることになります。

約定力が低いブローカーでトレードをする場合は、リクオートなどが非常に怖いです。

リクオート:FXブローカーが定めるレートの約定を拒否し、別のレートを示してくることです

DD方式のFXブローカーではリクオートが発生する可能性がありますし、「別のレート」というのは基本的にトレーダーにとって不利なものです。

「DD方式のブローカーにとっては、トレーダーの損失が利益に繋がる」ため、このようなことが起きてもおかしくありません。
ですが、XMはNDD方式ですからこのようなトラブルは発生しません。

ちなみに、「最優秀FX執行ブローカー賞」を、イギリスの大手オンライン金融雑誌である「シェアーズマガジン社」から授与されています。

トレード執行率、約定拒否のなさ、約定率などがハッキリと評価されています。
実際、XMは各種海外FX業者のなかでもトップクラスの約定力があると言っていいでしょう。

スリッページが発生しない

スリッページ:約定に時間を要してしまうことで、「利用者が注文したつもりの価格」と「実際の約定価格」に差が出てしまうというトラブルのことです。

約定拒否に比べれば「被害レベル」は低いと言えますが、そのぶん約定拒否と比較して発生しやすいです。
これもDD方式のFXブローカーにおいて起きやすいです。

先ほどもお伝えしたとおり、DD方式のブローカーはスプレッドが小さいです。
そのため、「トレーダーに負けてもらわないと困る」のです。
ですから、こういったトラブルが起こるのは受け入れるしかありません。

一方、NDD方式であるXMなどのFXブローカーにおいては、スリッページはまず起きません。体感としては、ほとんどの場合「一瞬」で約定されます。

また、指標発表時などの相場が大きく動きやすいタイミングであっても、スリッページはまず発生しません。
ですから、「いつでも思ったとおりの価格でトレードを行いたい」というのであれば、絶対にNDD方式のブローカーを利用しましょう。

実際、海外のFX投資家の多くは「スリッページの可能性の低さ」「約定力」にウエイトを置いて、FX業者を選んでいるようです。
「スプレッドが狭いこと」も選択基準の一つにはなりますが、それでもDD方式のブローカーをチョイスすることはまずないようです。

ちなみに、「DD方式におけるスリッページの幅>NDD方式におけるスプレッド」になった場合もあるようです。

つまり、「スプレッドの小ささを重視してDD形式を選んだら、むしろスリッページによってNDD方式を使う場合よりも損をしてしまった」ということですね。

トレード周りがクリーン

DD方式のFX業者は「呑み」をしています。

競馬に例えると、「誰かから買い方を指定されて、馬券の購入を頼まれてお金を渡されたが、実際には購入しない」というのが呑みです。

馬券(買っていませんが)が外れたら、渡されたお金はそのままもらってしまいます。
このとき、「お金を渡した側」は一切損をしていないのがポイントです。
(馬券の的中率は低いわけですから、呑みを繰り返すだけでどんどん稼げることでしょう)

しかし、日本国内において「呑み」は法律違反です。
ですが、なぜか「FXブローカーが行う呑み」は許されています。

しかも、FXのレートは「トレード量」によってそれなりに操作することができてしまいます(大口の投資家であれば特に)。

そして、「小口のストップロス注文」を大口の投資家は察しているという噂もあります。
(ちなみにこれを狙って相場を変動させるような取引手法を『ストップ狩り』と呼びます)

結局のところ、乱暴な言い方をすれば「間にディーラーがいれば何でもできてしまう」のです。DD方式のブローカーは「トレーダーに損をしてほしい」わけですから、仕方がありません。

一方、NDD方式のブローカーにはディーラーがいませんからクリーンだと言えます。もちろん呑みも構造上発生しません。

「トレーダーに稼いでほしい」と思っている

NDD方式のブローカーは呑みをしませんから、ほぼ「取引手数料」と「スプレッド」だけが収入源となります。
ですから、「たくさんのトレーダーに積極的に・長期的にトレードしてもらって、手数料・スプレッドを落としてもらう」ことが必要となります。したがって、出金拒否などの「トレーダーに嫌われる行為」が行われる可能性は非常に低いです。

また、トレーダーを増やすことが重要ですから、入金ボーナスキャンペーンなどに力を入れているブローカーが多いです。さらには、トレーダーにできる限り勝たせるために「FX関連のオンライン無料講座」を行っているFX業者さえ存在します。

(XMはウェビナーという講座を実施しています)

ただ、海外FXブローカーに関して「出金拒否された!」などの口コミを目にしたことがある人もいるかと思います。

これについては「そもそも口コミがウソ」である場合が少なくありませんし、そうでなくても「規約違反」などの「利用者側に原因のある出金拒否」であるケースがほとんどです。

NDD形式の欠点

xm ndd

では、XMなどのNDD方式のブローカーの欠点はどこにあるのでしょうか。

スプレッドが広い

再三お伝えしているとおり、DD方式のFX業者よりもスプレッドが明らかに広いです。
とはいえ、それを補って余りあるほどの利点があると考えるトレーダーが大半です。
(そもそもスプレッドだけでFX業者を判断するべきではありません)

スプレッドは変動制です

相場の状態、通貨ペア、時間帯などによってはスプレッドが大きくなってしまいます。
ブローカー次第で驚くほど変動するケースもあります。

GBP/AUDやGBP/JPYなどのそもそも変動しやすい通貨ペアで取引するとき、指標発表時、午前7時~9時あたり(日本時間)……などは特に気をつけてください。
普段のスプレッドを3~4pips程度とすると、10~20pipsくらいに変化してしまう恐れがあります。

ですから、「どれくらいのスプレッドのときまで取引するか」を決めておくことを推奨します。もちろん通貨ペアごと、FX業者ごとにスプレッドはバラバラですから、その都度決めなければなりません。

終わりに

xm ndd

NDD方式・DD方式の概要、利点や欠点などについて解説しました。

稀に、「そもそもXMは本当はDD方式なのでは?」などの口コミを目にします(XMに限りませんが)。
ですが、XMの「約定力が高い」「ボーナスが充実している」「スプレッドが広い」「スプレッドが変動する」などの特徴を見れば、「やっぱりNDD方式だな」という確信が持てるはずです。DD方式のブローカーで取引をして、XMと比べてみれば一目瞭然です。

特に海外のFX業者については、ウソの情報が流れやすいです。
ですから、まずはご自身で調べてみましょう。その上で取引をすれば間違いはないはずです。

XMのよくある質問

xm ndd

いいえ、口座開設に費用は発生しません。
トレードをやめてから90日目以降は、毎月$5がXMの口座から引き落とされます。
これが休眠状態と言います。口座残高が$0の場合は口座凍結として処理されます。

迷惑メールフォルダを確認してください。
それでも見つからない場合はメールアドレスを間違えている可能性があります。
もう一度、口座開設の登録をしましょう。

基本的にメールで連絡が来ます。
電話はまず掛かって来ません。

海外、国内問わずに必ず提出が必要な書類となっています。
これは法律で決められているためです。
XMでトレードをしたい場合は提出してください。

大丈夫です。
無くなったからと言って、あとから請求されることはないので安心してください。
管理人は、数秒で無くなりましたw

出来ません。例えば、親名義で口座開設をして家族がトレードすることは禁止されています。
発覚すると口座凍結になりますので注意してください。
必ず本人がトレードするようにしてください。

追加をする形で8個まで口座を増やすことが出来ます。
本人確認書類などは不要です。

多くの方がスタンダートを選ばれています。
トレードスタイルで選ぶと良いかと思います。
関連記事:XM口座タイプの違い

いいえ、1回しか貰うことが出来ません。
あとで複数回貰っていることが発覚すると口座凍結になります。

18歳から口座開設が可能となっています。

Load More

タイトルとURLをコピーしました