XMは詐欺会社なのか?巷の噂は真実なのか調べてみた【口座開設はNG?】

XM詐欺会社なのか?XMTrading

XMは海外FXを検討している人はもちろん、すでに海外FXでトレードしている人も必ず1度は見たことがある人気のブローカーだと思います。
ですが、SNS上では「XMは危険だ!」「XMで詐欺にあった」など、ネガティブな記事や投稿を見たりします。

例えば、「XM 詐欺」で検索すると何十万件ものページが表示されます。

これから海外FXでトレードしようと思っている人には怖い内容ですよね?
では、XMは本当に詐欺行為をしているのでしょうか?

今回の記事では、XMの詐欺が本当なのか?そのように言われてしまう理由を解説します。

XMは詐欺をすることが可能なのか?

XMが詐欺行為を行う可能は皆無と言っていいでしょう。それぐらいありえない事です。
そもそも、そんなリスクのあることをする必要はありません。

XMで新規口座開設を検討中の方は、安心して口座開設の申請をして大丈夫です。

まず、XMが詐欺行為をするのか?の前に、海外FXで「詐欺にあった」とはどんなことがあったのか確認してみましょう。
XM以外のブローカーも含めて見てみると

①口座の資金が出金できるはずなのに出金拒否された

一番多くみられるのが出金拒否にあったですね。
トレードで頑張って得た利益が出金拒否され意図的に引き出せないようにする行為は悪質で完全に詐欺行為に当たります。

②ボーナスやゼロカットなどのサービスが受けられなかった

入金や新規口座開設時のボーナスが受け取れなかったり、ゼロカットされないなどがあります。
今では、海外FX会社ではボーナスは普通にあります。(稀にないFX会社もありますが)
また、ゼロカットシステム(口座残高がマイナスになっても海外FX会社が負担する)をしない場合も詐欺といっていいでしょう。・
ほとんどの海外FX会社はこのゼロカットシステムを導入しています。

③レートの操作や約定拒否などの操作をされた

業者による不正行為(意図的に操作が出来ない、レートを操作)などあります。
しかし、業者ごとにシステムが違いますので他の業者とまったく同じとはならないので、詐欺とは言いにくいこともあります。

海外FXで詐欺と言われる行為として、大きく仕分けるとこの3つが該当します。

では、XMではどうなのでしょうか?
結論から言って、上記3つの行為は起こる可能性(意図的も含む)はまずありえません。

XMが詐欺行為をしていない理由とは?

XMは本当に詐欺行為を行っていないのでしょうか?
それでは、XMが詐欺をしない理由を解説したいと思います。

XMは法令に基づいて認可をされている

海外FX会社の優良な業者は、必ずその国の金融庁などの機関から認可を受けて営業をしています。
XMも同様で、XMはセーシャル金融庁から認可されているので優良なブローカーと言えます。
公的な機関からの認可なので、とても厳しいチェックを受けています。
これだけでも安心材料と言えるでしょう。

XMはNDD方式なので安心!

xm ndd

FXの取引は「DD方式」と「NDD方式」の2つのパターンがあります。

その違いは、業者がトレーダーに価格を提示する方法にあって、この提示方法でもXMが詐欺ではない理由の一つです。

ちなみに、XMは「NDD方式」を採用しています。

では、「DD方式」と「NDD方式」の違いを見てみましょう

DD方式とは?

ディーリングディスクをDD方式と言います。
このDD方式は市場ではなく、トレーダーとFX会社間で取引をすることになります。

業者はたくさんのトレーダーの注文を受け処理をすることになるので、
多くのトレーダが損失を出してしまうと、業者の損失になる可能性があるということです。
損失がでた業者は損失を少なくするために、内部で不当な処理を行う可能性が生れてしまうということです。
すべての業者がするわけではありませんが、そういった疑いをもってしまうということです。

よく言われるのがスプレッドを急に広げるなどの「ストップ狩り」という行為があります。
管理人は不透明なDD方式のFX会社はあまりおすすめしません。

NDD方式とは?

ノンディーリングディスクをNDD方式と言います。
こちらはDD方式とは違い、直接インターバンク市場の価格帯でトレードをすることになります。

FX会社はスプレッドで利益を上げるので、トレーダーが爆損しても利益がでる形になっています。
なので、トレーダーが利益を出しても損をしても影響がないということです。

特徴として、NDD方式はインターバンクに直なので、FX会社がレートを変えたりすることは出来ないのです
NDD方式を採用しているFX会社は健全で透明性のある運営を行っている証拠です。

実は、国内のFX会社のほとんどがDD方式を採用しています。
だからドル円のスプレッドが0.3などで営業が出来るわけです。数年前にとある国内FX会社がストップ狩りと言われてもしょうがない事案が起きました。
その理由は、システム上の問題で片付けられましたが、一部トレーダーは補償されたようです。(本当のところはわかりません)

多少スプレッドは広くなってしまいますが、透明性のあるNDD方式を採用しているXMは好感が持てます。
そして、NDD方式のほうが約定力も高いと言われています。

XMの「約定拒否」や「稼ぎすぎたら口座が凍結される」などの噂は、
NDD方式を採用しているXMでは考えにくので安心してトレードが可能と思っていいでしょう。

*関連記事

 

XMはゼロカットも優秀

XMの特徴として、ゼロカットシステムが優秀すぎると言われています。

FXでは色々な要因で為替が急変動してしまい大きな損失を抱えてしまう場合があります。
有名な話でスイスフランショックがあります。この時に世界の投資家は大きな損失を抱えました。

そのとき、国内のFX会社でトレードしていたトレーダーは、多額の追証を受け借金を抱えたトレーダーもいました。
しかし、海外FX会社のほとんどはゼロカットシステムを採用しているので追証は発生しません。が、
そうは言っても、かなりの損失額の為にゼロカットを拒否したFX会社もあったようです。

そんな中、XMはしっかりとゼロカットを執行したのでトレーダーから大変信頼されるFX会社となりました。

XMの口座開設はこちら

実際にネットの口コミは?

仮にXMがゼロカットを拒否したり、不当に出金拒否をしたと仮定します。

するとどうなるのか?

Twitterなどで大きな話題となりXMの評判は悪くなってしまいますよね?
今の時代、証拠画像なども瞬時に簡単にアップされてしまいます。

もし本当にそのような詐欺行為が頻繁に起こっていたらすでにXMの評判は悪くなり誰も口座開設はしません。
XMは優良な海外FX会社として世界でも認められていると言えるでしょう。

まとめ

今回はXMは詐欺会社なのか?についてまとめてみました。

実際には、XMが出金拒否や約定拒否などの詐欺行為をするメリットがないということが分かりました。
巷で言われている、XMで出金拒否は、そもそもトレーダー側の出金方法に不備があることが大半で、
約定拒否についてもNDD方式で直接インターバンクとの取引なのでXMではなく、
トレーダー側の回線に問題があることが多いようです。

しかし、XMは詐欺行為をしなくてもトレードで勝てるかどうかは別の話となります。
トレードでしっかり勝てるようにしっかり勉強をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました